IDEの起動オプションが記載された .vmoptions ファイルの場所は、OSやIDEのバージョン、インストール方法によって異なります。

基本は「Configure」→「Edit Custom VM Options…」で開くことができます。

__________2020-04-17_15.38.49.png

上記方法で .vmoptions ファイルを開けない場合、具体的な場所を知りたい場合は以下をご確認ください。

 

Windowsの場合 

 

インストーラーを使ってインストールした場合:

2ファイルを読み込んでいます。

  1. バージョン2020.1 以降:
    • インストールディレクトリ/bin/idea64.exe.vmoptions
      (デフォルトインストールディレクトリ: ドライブ/Program Files/JetBrains/[製品名][バージョン])
    • 構成ディレクトリ
      ドライブ/Users/[ユーザー名]/AppData/Roaming/JetBrains/[製品名][バージョン]/idea64.exe.vmoptions
  2. バージョン2019.3 以前:
    • インストールディレクトリ/config/idea64.exe.vmoptions
      (デフォルトインストールディレクトリ:ドライブ/Users/アカウント名/.[製品名][バージョン])
    • 構成ディレクトリ
      ドライブ/Users/[ユーザー名]/.[製品名][バージョン]/config/idea64.exe.vmoptions

 

Toolbox Appを使ってインストールした場合:

以下の2ファイルを読み込んでいます。

  1. ToolboxのIDE名右側の歯車アイコンからSettingsを選択し、Configuration -> “Java Virtual Machine options” の [Edit…] で開いた .vmoptions ファイル
    [Edit…] 押下でエディタが起動しない場合、Windows で 拡張子 .vmoptionsファイルとお使いのエディタ等との関連付けを行ってください。)
  2. ToolboxのIDE名右側の歯車アイコンからSettingsを選択し、Configuration -> Install location の[Show]で開いたインストール場所にあるフォルダと同じ名前ではじまる .vmoptions ファイル

Mac OS X の場合 

 

インストーラーを使ってインストールした場合:

  1. バージョン2020.1 以降:
    インストールディレクトリ/idea.vmoptions
    (デフォルトインストールディレクトリ: ~/Library/Application Support/JetBrains/[製品名][バージョン])
  2. バージョン2019.3 以前:
    ~/Library/Preferences/[製品名][バージョン]/idea.vmoptions

 

Toolbox Appを使ってインストールした場合:

→「Windows の場合」と同じ方法で確認できます