ここでは CIclone から CircleCI にアクセスするための設定方法を説明します。

 

手順

1. IDE のメニューから設定(Preferences…)を選びます。

 

 

2. Tools から CircleCI を選びます。

 

 

3. 以下の通り入力します。

 

  • Max Pipeline Size (パイプライン最大取得件数) : 取得するパイプラインの最大件数(この値を大きくするとパイプラインのロードにかかる時間が増大します)
  • VCS Type : CircleCI に連携する VCS の種類(GitHub または Bitbucket)
  • Repository Name (レポジトリー名) : CircleCI に連携するレポジトリーの名前(プロジェクト名とも呼ばれます)
  • Token (トークン) : CircleCI にアクセスするためのトークン(隣のリンクをクリックするとトークンを取得する画面が立ち上がります)

 

4. 3. で入力した内容が正しいか、 Test (テスト)ボタンをクリックして確認します。

 

設定成功時には次のようなダイアログが表示されます。

 

失敗時には次のようなダイアログが表示されます。入力した値を見直してください。

 

5. 4. で正しい設定が登録できたら、設定画面の OK ボタンをクリックして設定を完了します。 設定が完了すると、メイン画面の下タブより CircleCI のツールウィンドウが利用できるようになります。